2022年7月16日土曜日

モニタリング1000里地調査(呉羽丘陵)2022年7月

  月例の呉羽丘陵モニ1000調査を行いました。梅雨は明けましたが、夕方になると雷雨になる時期です。午前中はよく晴れ、メンバー5人でいつものルートを回り開花・結実している植物の観察をしました。今の時期は開花種数が比較的少なくなる時期です。ニイニイゼミの抜け殻がたくさん見られ、よく鳴いていました。アブラゼミはまだのようです。今日はハグロトンボが沢山飛んでいました。上を見るとネムノキやリョウブが開花し、林床ではカラタチバナやヤブコウジの開花も始まりました。

呉羽丘陵の様子

ニイニイゼミの抜け殻

スカシダワラ(クスサンの繭)

ハグロトンボのメス

ヤマノイモ

リョウブ

ヨメナ

オニドコロの果実

ネムノキの落花

エビヅル

サワオトギリ

ヒメヒオウギズイセン(外来種)

メヤブマオ

ママコノシリヌグイ

ツユクサ


2022年7月9日土曜日

県立大の学生と外来植物除去を行いました。

  今日は富山県立大学工学部の2年生(トピックゼミ)13人、教員2名が参加して、美女平遊歩道で外来植物除去作業を行いました。タテヤマスギとブナの針広混交林を散策しながら、遊歩道上に生えているオオバコを除去しました。2019年にも同様の協働作業を行いましたので、同じルート上で作業することで、オオバコ除去本数を3年前と比較します。また、美女平ではマイマイガ幼虫による食害がいたるところで見られ、特に多くのブナが枯れたように葉がなくなっていました。残念ながら花はあまり見られず、ツルアリドオシ、ツルアジサイぐらいしか確認できなかった。

 午後からは弥陀ヶ原でも外来植物除去作業を行う予定でしたが、美女平での作業に時間を取られてしまったので、バスで移動後、弥陀ヶ原では外来植物種の分布状況を確認したあと、弥陀ヶ原の地形や高山植物の観察を行いました。ナナカマド、ミネカエデ、ベニバナイチゴ、タテヤマリンドウ、チングルマ、イワカガミ、ゼンテイカ(ニッコウキスゲ)、イワイチョウ、トガクシコゴメグサ、テガタチドリ、ノビネチドリ、アカモノ、タテヤマウツボグサなどの開花が見られました。

アルペンルート桂台料金所にあるタイヤの土を落とすための散水装置
(低地の植物のタネを高山帯に持ち込まないため)

バスで移動した学生たちの靴についた土を落とす

美女平にて

美女平にて

美女平にて(2019年にオオバコを除去したところ)。
オオバコの他、キツネノボタンが目立つ。

2019年の上と同じ場所(オオバコを除去した)

マイマイガ幼虫

クスサン幼虫

弥陀ヶ原

ナナカマド

オオシラビソ

ベニバナイチゴ

ミネカエデ

イワイチョウ

チングルマ

弥陀ヶ原にて

弥陀ヶ原にて

弥陀ヶ原にて

弥陀ヶ原にて(池塘のそばにはモウセンゴケが生育)

弥陀ヶ原にて

弥陀ヶ原にて(左側はラムサール条約登録地)

アカモノ

ゼンテイカ

テガタチドリ

タテヤマウツボグサ

トガクシコゴメグサ




2022年6月18日土曜日

モニタリング1000里地調査(呉羽丘陵)2022年6月

  呉羽丘陵モニ1000調査を行いました。梅雨時期ですが今日はよく晴れました。メンバー3人で開花・結実している植物の観察をしました。初夏の樹木の開花がおおむね終わり、開花種数が比較的少なくなる時期です。アジサイの花やドクダミの白い花が目立ち梅雨らしさを感じさせます。ムラサキシキブやマイヅルテンナンショウもちょうど見頃でした。ニワトコは赤い実を重そうにぶら下げ、ナツツバキは開花がスタートしたところでたくさんの蕾を付けていました。

呉羽丘陵の様子

クリ

アジサイ

ムラサキシキブ

ニワトコ

ドクダミ

マイヅルテンナンショウ

ナツツバキ

ヤマツツジ

エビヅル(中央に花が咲いている)

ナワシロイチゴの花

ナワシロイチゴの果実

ヘラオオバコ

アリの行列